雨漏りを自己修理することのデメリット

人生の中で最も高い買い物と呼ばれるものにマイホームがあります。

特に新築の一戸建てを購入したり注文設計で建設した人は、住宅にもこだわりがある人が多く、維持管理なども積極的に行います。



ですので日頃から手入れをきちんとしている方がほとんどですが、新築からある程度の期間が経過すると経年劣化によるトラブルを経験するようになります。

47NEWS関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

それらの中でも特に注意が必要なのは雨漏りの兆候です。日本の住宅は木材を使用していることが多いので、住宅内部に雨水が進入して長く湿った状態が続くと、構造の要である柱や土台の強度が脅かされるからです。
雨漏りの兆候は、天井や内壁に雨水のしみが見えたり、屋根裏で水が滴るような音が聞こえることです。風雨で屋根材にずれや損傷が生じたり、コーキング剤の劣化などによってできた隙間から雨水が入り込みます。こうした隙間を発見してなくすことが雨漏り修理になります。器用な人の中には、自分で修理をしたいと考える人もいます。


確かに費用は抑えられますが、実は自己修理にはデメリットがあります。

まず修理する箇所が屋根やその付近の外壁など、非常に高い場所にあるので作業そのものにかなりの危険が伴います。


また屋根の構造に関する知識がないと、雨漏り箇所の特定が難しいという理由もあります。
また原因が一箇所だけでない場合は、屋根全体など大きなリフォーム工事を必要とすることもあるので、時間や力の点で個人では手に負えない場合もあります。

さらに身近になった屋根雨漏り修理の情報といえばココです。

こうしたデメリットを考えると、雨漏りに詳しい専門家に依頼するのが一番の対処法と言えます。

生活の特徴紹介

雨漏りと聞いた方が一般的に頭に思い浮かべるのは、多くは屋根に降った雨が天井を突き抜けて、床にポタポタと落ちる様ではないでしょうか。しかし、専門家に言わせれば、それは既に雨漏りの末期症状であり、そこまで進んだ雨漏りであれば、もはや住宅全体に何らかの異常が起こっているのです。...

more

知りたい生活事情

一戸建て住宅の場合では、木造住宅が多いもので、屋根材に関しても下地には木材を使っていることが一般的です。住宅は必ず劣化を起こしてしまうことになり、木造住宅の場合ではRC物件よりも顕著に出てしまう住宅としても知られています。...

more

サポート情報

最近の日本では、梅雨時期や夏季の集中豪雨が増えてきましたが、そんな大雨の後に家の屋根や壁から雨漏りを発見してショックを受けたという人も多いのではないでしょうか。放置すると柱などの重要な構造部分や電気系統に甚大な被害をもたらす可能性があるので、見つけたらすぐに修理する必要があります。...

more

生活について情報

雨漏りの修理の費用は原因によって異なります。屋根の一部が破損しており、その部分を修復すればそれで改善するのであれば、比較的少ない費用で済む事になりますが、経年劣化で屋根が大きく破損している場合、屋根の葺替えを考える必要があります。...

more